簡単POSレジで会計ミスをなくそう!

三角の画像

top > POSレジとは > 今後も益々進化していくPOSレジ

今後も益々進化していくPOSレジ

 POSはPoints of salesの略です。「商品が販売した時点」という意味があります。つまり、1日の終わりに集計をしなくてもその商品が販売した時点で売上などが管理されます。
 そして、いつどの商品がどれだけ売れたかなどを把握できて便利です。会計をするだけでなく、データの収集もできるため、売上を管理する点で非常に有効なレジと言えます。
 POSレジのシステムは販売実績を即座に収集するため、従来よりも速いスピードそして、高い精度で売れ行きが把握できます。
 このデータを在庫管理やマーケティングに活用しない手はありません。これにより、商品造成や集客戦略も効率的にできるようになりました。


 元々は不正防止のためのシステムを搭載したレジを指す用語でしたが、現在では商品管理を行えるレジのことを指します。
 POSレジで出来ることは、POSシステムによって異なります。そのため目的によってどういったものを導入するかが重要となります。注意が必要な点に、費用対効果があります。多様なシステムを搭載していると汎用性は高いです。
 しかし、目的に必要のない機能もある場合には、安いPOSレジで十分な場合も多いです。最近はこのレジのみを扱う業者も増え、オンラインで情報を得られる環境も整っているので、比較して最新の良いレジを選べます。
 最近のPOSレジは、ネットワークに繋いで利用することもできます。ネットワークにつなぐメリットは、多数の店舗の管理がしやすくなる点です。
 地域別の売上、時間帯による売上などは把握がしやすくなります。更に、今後の営業にも役立ちます。
 特にコンビニ、スーパーマーケットなどでは、棚の配置であったり商品の陳列方法を変えるといったことも行います。ネットにつなげば一般的なコンピュータでデータ管理が可能となります。
 データは年度別、月別などに保存し、分析することで次の年にも有効活用できます。レジの中には、商品をバーコードで読み取った時点で商品が売れた時間帯、天気なども保存されるものもあります。必要な機能を搭載したものを吟味して導入すると良いでしょう。


 2010年ころからは、タブレット型のPOSシステムが登場しています。それまでは高額で導入できなかった小売店や飲食店などが手軽にPOSシステムを導入することが可能になり増加し始めました。
 さらに、2013年後半から2015年度に無料のPOSシステムが複数登場することになり、益々増えています。
 これまで導入を迷っていた個人の層も続々と参入するようになりました。POSシステム市場は大きな変革を遂げています。飲食店や小売店を訪れると、タブレット型をよく見かけますし、世界規模で見てみてもタブレットPOS導入の勢いは加速している現状です。
 従来型よりも値段も安くなり、その上機能面でも劣らないというのですから、魅力がいっぱいです。
 また、消費増税に伴い導入される軽減税率の対応が必要になる事業者には一定の要件で国から補助金が出ることになりました。数万円で高機能なPOSシステムを導入する事ができます。

次の記事へ

カテゴリー