簡単POSレジで会計ミスをなくそう!

三角の画像

top > POSレジとは > 便利なPOSレジは活用しなければ損

便利なPOSレジは活用しなければ損

スーパーや個人商店を運営している方の中には、商品の管理や売上金の計算などを考えると、頭が痛くなってしまう状況もあるでしょう。
それらは利益を上げるためにはとても大切なことですが、難しくもあるので、考えたくないと感じるのも当たり前です。
その場合はそれらの作業を、商品を販売するときに、必ず通過するレジに任せてしまってはどうでしょう。
レジなら使っているという方もいるでしょうが、オススメできるのは一般的な製品ではなく、POSレジという特別な製品です。
こちらは品物の売却時に、その情報をリアルタイムでパソコンに送信するので、商品の管理や売上金の計算を素早く自動的におこなってくれます。
POSレジが集計してくれた情報を活用すれば、発注数の増減なども決められるので、お店の売り上げにもしっかりと貢献してくれるでしょう。



POSレジは益々今後も増えていく

従来のレジは金額や部門を一点ずつ手打ちしていたため間違いが多かったり、時間がかかるのが難点でした。
それが多くの商品が登録がされているデータベースを用意して、バーコードスキャナーと連携させると、打ち込み操作の時間の短縮にもつながります。
打ち間違いが減ると会計担当者の人的コストも削減することが出来る点もメリットです。
POSレジのシステムを活用することで、無駄を省いて店を運営できます。
これまではスーパーやコンビなどの複数店舗展開を行っているフランチャイズのところがいち早く導入して来ました。
それが、最近ではタブレットだけで簡単に動作が出来るPOSもありますし、手軽に導入できるものが増加してきて、個人経営の飲食店や小売店などでも積極的に導入されるようになってきました。
今後も益々利用する店舗が増えていくでしょう。



POSレジならおにぎりごとの売れ筋がわかる

コンビニにはたくさんのおにぎりが販売されています。
中の具が異なっていたり、安いタイプ、高級タイプなどがあります。
人によって好みが異なるので、店員が発注をするときには自分の好みを反映させることがあったかもしれません。
鮭が好きだから鮭をたくさん発注するなどです。
POSレジを利用すると、商品ごとの売れ筋などを集計することができます。
ですから、おにぎりに関しても種類別に人気の度合いなどがわかります。
その店では、ある商品やある価格帯のものが良く売れることが分かるかもしれません。
それを元に発注ができます。
おにぎりごとにわかるのであれば、お弁当やサンドウィッチなども同様にわかります。
それを元に発注ができるので、当たり外れが少なくなります。
アルバイト店員が発注作業をすることがありますが、その人たちの好みではなく、データに基づいた発注をしてもらえます。

次の記事へ

カテゴリー