簡単POSレジで会計ミスをなくそう!

三角の画像

top > POSレジとは > POSレジの主な特徴とメリット

POSレジの主な特徴とメリット

 レジはキャッシュレジスターを省略したものになります。 店において販売品やサービスの額面を算出、記録して、不正使用を阻止するために誕生したレジスターは、機械からパーソナルコンピューターへ、それに加えてクラウドと結び付きたタブレットスタイルへと進化を遂げてきました。  
 そして、 POSはPoint Of Salesとされる英語の頭の文字を取ったものと言えます。日本語であれば販売時点情報管理とされています。
 POSレジとは、利用者と現金のやりとりを行なった時点での販売に関する情報を管理下に置くシステムを積み込んだレジになります。


 ネットワークに対して結び付いたレジより、販売に関する情報が集約がなされてそして、集積し分析されることを通して、店舗や会社組織の販売数改善を意図するものになります。
 かつては本部機能をあわせ持った小売チェーン店、あるいは飲食チェーンが活用する傾向が見られるPOSレジですが、現代では小さな規模の店でも情報解析を行なって、店の管理運営の改善を実施するように変化しています。


 キャッシュレジスターに持ち合わせていないPOSレジのプラスの面は、何時それから、何が、いくつ、幾らで販売されたかというデーターそのものが正しく認識できるということです。
 その上クライアントの性別や年齢層そして来店の数」など、たくさんの要素を混ぜ合わせれば、一層具体的な販売に関するデータを作ることができます。
 ストック品や発注といった管理運営に必須のデーター数値が集積、さらに分析することができ、客の層、あるいは気象状況での販売数の変動に関しても推測できるようになります。
  旧タイプのレジでは額面、あるいは部門を手打ちし、ミスが多々あったり、時間が必要になったりしていました。
 数多くの商品エントリーがされているデータベースを実装し、バーコードスキャナーと関連させることを通して、打ち込みの時間短縮もできるようになっています。
 さらに、打ち間違いが少なくなるというようなことは、会計担当者のコストカットもプラスの面になります。
  効率化された店舗のマネージメント、会社経営が望めるようになると言われています。 以上のように、レジ及びPOSレジは一緒のようなものに見えるようですが、その機能としては異なるものといえます。
 レジといったカテゴリにPOSレジが入っていて、しかしながら旧来のレジの範疇よりはみだしているわけです。

カテゴリー