簡単POSレジで会計ミスをなくそう!

三角の画像

top > POSレジとは > POSレジは販売において大事なもの

POSレジは販売において大事なもの

POSレジとは、所謂レジスターのことであり、Point Of Saleの略になります。
要するに販売時点、という意味になりますが、これを略してPOSと呼びます。
その時点で値札に付与されているバーコード情報を取り出し、同時にレジスターに情報を記録することができます。
その為、バーコードが登録されていることがまずは前提になります。
それはほぼ手動で入れることになりますが、かなり効率的に販売活動ができるようになるのは確かでしょう。
また、統計データとして販売情報が活用しやすくなる、という利点があります。
チェーン店、或いはフランチャイズ店などの全国的な展開をしているようなところはまさに日本中からの販売情報を得ることができて、このときには何が売れるのか、今何が売れているのかを知ることができるようになっているレジステムです。



モバイル端末をPOSレジとして普及した理由

POSレジは、顧客が決済をしたと同時に、販売をした情報を読み取って管理するシステムを指します。
各レジ端末は社内やインターネットなどのネットワークにつながっているのが特徴で、瞬時に店舗内や本部に売上のデータが届きます。
データを保存しておいて、商品の売上の分析や在庫管理、顧客管理等が出来るようになっています。
近年では、スーパーやコンビニ、大型店舗などに導入されるだけでなく、小規模な小売店や販売店、飲食店でも取り入れられるようになりました。
大規模な什器備品を導入しなくても、タブレットやスマートフォンの普及により、モバイル端末にレジのアプリを導入して、POSレジとして利用出来るようになったからです。
初期費用や設置費用があまりかからず、モバイル端末以外は、バーコードリーダーやレシート用プリンターが最低限揃えられれば、POSレジとして使えます。
事前に商品を登録すれば端末の画面に表示され、直接画面に触れて売上の計算や決済が行えることから、操作も簡単なので、入社したばかりの方でも楽に出来るでしょう。



POSレジの機能を十分に活用して、営業の見直しを

販売店や食事をする所では、レジの活用が不可欠となってます。
営業途中や終了した後に、本日の売り上げを集計することになりますので、その時に活用出来るのがPOSレジです。
現在は多くの店舗で活用されてるので、売り上げの記入など楽に出来るようになってます。
POSレジのシステムに、自動で記録しておく機能が入ってるので、従来のレジよりも格段に速いスピードで、売れ行きを把握出来るようになってます。
商品ごとに分けられていることで、商品の状態を分析出来て発注の参考に役立てることが出来、取り扱う商品の組み立てが出来るようになってます。
従業員の出退勤の管理もこのシステムで、出来るようになってるので、管理がしやすくなってます。
予めPOSレジに設定しておくことで、商品も打ち込みやすくなっており、打ち間違いを防ぐことも出来ます。

次の記事へ

カテゴリー